DMを安く印刷するための基礎知識

最近はインターネット通販で色々なものが購入できる世の中になりましたが、DMの印刷も同様で、webから申し込みをすると、所定の場所に届けてくれるサービスを行う業者が増えています。印刷部数も少数から大口まで幅広く対応しています。こうした通販でDMを印刷するサービスは急成長を遂げており、テレビなどでも宣伝が行われています。DMを通販で印刷するメリットは、価格の安さです。これまで一般的に考えられていた価格と比べて激安なため、依頼して大丈夫かと心配になる方がいるかもしれませんが、通販でDMを印刷するのが激安でできるのには理由があります。通販でDMの印刷を依頼すると何故安いのかという理由や、実際にDMの印刷を発注する業者を決めるにはどのような点に注意すべきなのかをまとめます。

通販でDMの印刷を依頼すると価格が安い理由

通販の場合はDMの印刷をwebで受注することとなるため、営業担当者のコストを削減することができます。これはネット通販全般に言える傾向ですが、実店舗を構えている印刷会社の場合に比べて営業担当者の数を少なくすることができる結果、全体のコストを減らすことが可能です。DMの印刷を受注する場合、依頼者からのデータ入稿という形で行います。データ入稿がなされた後で、担当者とデザインに関する調整や連絡などを行うことはありますので、担当者がまったく必要ない訳ではありません。しかし、印刷業者を選ぶのは受注者で、大体はインターネット上に上がっているサイトなどを見て選ぶこととなりますので、データ入稿に関連して営業活動を行う担当者は必要ありません。そのため、その分のコストを減らすことができます。

印刷の仕方によってコストを抑えられる

DMの印刷を行う業者は、DMだけを印刷しているのではありません。パンフレットやチラシ、名刺など、さまざまな印刷物を作成しています。通常印刷物を作る際には、印刷用の型、いわゆる版と言われるものを作成します。特に小ロットで印刷を行う際には、この版を作る費用が全体の半分ほどを占めます。通常は、1つの印刷物につき1つの版を作成しますが、通販で印刷する場合は、複数の印刷物を集めて1つの大きな版を作ります。DMであれば、一社だけのものではなく、複数社から依頼されたものを同時に1つの版にする、というやり方です。複数の印刷物の版は、印刷物の種類が多ければ多いほど、1種類あたりのコストが安くなります。通販で印刷する場合、印刷物の仕様や紙の種類が限定されていることが多いですが、それはこうした理由によります。

圧着ハガキの印刷・発送ならDMパックへおまかせ! DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。 メールでのお問合せは24時間受付中です。 見開きA3以上の大判ふちのり圧着DMも印刷OK。 DMパックなら月間500万通のDM発送実績あり。 圧着2ツ折はがき1万部なら印刷、印字、区分、郵便料金込で1通あたり54.4円です。 DMの印刷を業者に依頼するならこちらをご利用下さい。