家族葬の特徴やマナーを知っておきましょう

家族葬は家族や親戚などの、身内だけで行う小規模のお葬式です。基本的な葬儀の流れを知っておきたい人が増えています。現代はマンションやアパートなどの、狭い住宅で生活をしている人が少なくありません。遺体を安置しておく部屋がない場合は、千葉の葬儀社では、棺にドライアイスを設置して遺体を安置してくれます。一般葬と同様に、スタッフが祭壇や遺影などの設置を行います。花やお供え物などを設置して、お通夜や告別式の準備をするのが、通常の流れになっています。少人数のお葬式でも、お通夜や告別式などはきちんと行うので、手厚い供養をすることが出来ます。お通夜や告別式の日程や時間などが決まると、迅速で丁寧な応対なので安心して利用出来ます。遺体はきれいにしてくれますし、女性の場合は死化粧をします。

お通夜の後は食事をふるまうのが一般的です

千葉の家族葬の流れを知っておきたい人が多いですが、無信仰の場合や、寺院の檀家になっていない場合は、葬儀社が僧侶の手配をしてくれます。信頼できる寺院の僧侶を手配してくれるので、心を込めた読経や供養をしてくれます。喪主や遺族は忙しく、心身共に疲れていますが、様々な雑事の代行をしてくれるので、心身の負担を軽減することが出来ます。お通夜ではスタッフが、お線香を絶やさないように配慮を行っています。僧侶の読経が終わり、お焼香が終わると通夜ぶるまいをします。親戚や親族、友人、知人などに精進料理やオードブル、お酒などを提供します。故人の話をしながら、ゆっくりと食事をするのが一般的です。高品質で上質な食材を使用しており、幅広い年代に好まれる料理を提供してくれます。

告別式では納棺をしてから火葬をします

家族葬はお通夜と告別式の両方を行うので、一般葬と同様に心を込めたお葬式が出来るのが特徴です。お通夜が終わると、翌日の告別式に備える必要があるので、千葉の斎場では休憩所やシャワールーム、清潔なトイレなどを準備しています。葬儀社のスタッフが、翌日の告別式の流れを説明してくれます。お通夜と同様に僧侶による読経をしてもらい、順番にお焼香を行います。お焼香が終わると、最期のお別れをしてから納棺をしなければなりません。花やお供え物を手向けてから、火葬場で荼毘に付します。火葬場が隣接しているので、高齢者も移動の負担が少ないのが特徴です。火葬場には血縁の濃い人が残り、遺骨を順番に納めていきます。お葬式の手順を知っておくと、いざという時も慌てずに済みます。

家族葬の相談会やセミナーも臨時で開催しております。詳細はHPをご覧下さい。返礼品に関しましては質に拘りながら様々な品物をご用意させて頂いております。 費用から様々なプランをご用意しておりますので皆様のライフスタイルに合ったご葬儀をお選び頂けます。 急なご葬儀が必要になってしまったお客さまでもしっかりと対応させていただきます。 最初から最後まで同じスタッフが担当し、しっかりサポートさせて頂きます。 家族葬なら千葉で実績多数の昭和セレモニーが安心です