知っておきたい千葉の家族葬に参列をする際のマナー

一般葬参列時の服装に大きな違いはない

一般層とは違い規模も小さな千葉での家族葬に参列をする場合、アットホームとはいえ葬儀には変わりないため、服装のマナーも意識することになります。家族だけであれば喪服ではなく平服でよいのか、子供の場合は何を着せたらいいか、真冬や真夏の服のマナーは何かなど、服装のことは意外と気になることです。親族が中心になるお葬式のスタイルであり、服装は家族の了解のもとで決めることができます。弔意を表す一つの手段として喪服があり、ブラックのビジネススーツを着用するのが男性、女性もブラックのフォーマルな服装が喪服です。一般葬と家族での葬儀に関しては、基本的には大きな違いはありません。出席をするメンバーが限定されるのが特徴なので、家族皆の了解が得られれば喪服ではなく、平服であっても問題はないです。

小さな葬儀となるためお香典は必要か確認を

残された遺族及び近親者だけで行う千葉での家族中心の葬儀では、お香典のマナーも把握しておく必要があります。一般的な大きな規模のお葬式の時には、参列をする誰もがお香典を持参しますし、受付で渡して名簿に書いてお返しを貰うのがポピュラーです。でも家族をメインにした葬儀の場合は大きな葬儀ではなく、お香典に関しても遺族の意向を汲まなくてはなりません。今まで家族葬への参列経験のない人だと、お香典は普通に持っていくものと考えますし、迷う人もいますが尊重をすべきは遺族の気持ちです。確認をしておくべきなのは、家族葬の場合だとお香典自体を辞退していることがあるためであり、事前にその把握をしておくようにします。それぞれへの訃報連絡の際に、葬儀への参列や香典自体などの旨が書かれていることもあるので、その点も注意深く確認です。何も書かれていないなら、香典OKにも辞退にも対処できるようにしておきます。とはいえやはり初めに確認した方が心が落ち着くので、責任を持つ葬儀会社に問い合わせして聞いてみても大丈夫です。

大人だけではなく子供参列時にも注意することが

大人が中心になる千葉での家族葬ではあるものの、少ない参加者の中に子供も一緒に混ざることがあります。特に故人とのつながりの濃い子供なら、参列をするのは故人も喜びますし、家族や親族も子供の参列には納得です。とはいえ大人とは違い自由気ままな子供は、まだ世の中のことも世間のことも何も知りません。お葬式に参列をすること自体経験が乏しく、自分で何を着用するべきか、どのようなふるまいをするべきか、知る由もないです。そこは大人がフォローを入れる部分であり、まず気になるのは子供に何を着せるか、服装に関しても失礼があってはいけません。子供だから特別ではなく、黒いフォーマルな装いであれば大丈夫です。