DMの印刷を安くするにはどうしたら良いのか

ダイレクトメールは通称DMとも呼ばれ、個人でも使われますが、公的な機関や商社などのお知らせに印刷されるハガキの種類です。発行部数が多ければ多いほど顧客への広告に繋がりますが、その分宣伝コストも膨れ上がります。商業戦略の一つとして盛り込まれる効果的な宣伝ですが、多くの技術が使われた鮮やかで人目をひくDMは、一枚あたりのコストが高いのも事実です。本日お伝えするのは、少しでも安くDMを安く印刷してコストカットする往々です。コストカットの上で重要なのが、掲載する情報の選別です。少ない情報であれば、その分インク代をカットできます。伝えたい商品やサービスの情報を厳選し、通常商品などは省いたDMを印刷するのも一つの手です。定期的にDMを印刷する機会が想定される場合は、一つの業者に継続依頼する見返りに割引を条件として契約を結ぶ方法もあります。

DMを安く印刷するにはどうしたら良いのか

DMを印刷する業者はネット上に数多く存在しますが、探す前に発行枚数や内容をきちんと決めてからの方が良いです。発行部数が多いと割引をしてくれる業者や、ロゴ印刷だけだと安いコストで印刷可能な業者もあります。業者ごとの個性が分かれるメニューの中から、最初に決めた条件に合ったお得な業者を選べればベストです。発行枚数の他には気を付けるべきポイントは、納入日です。各種イベントの前後や年末年始や年度末など、何かの区切りにはどの業者からも印刷依頼が舞い込みます。印刷の必要が分かった時点で雛型を決め、なるべく繁忙期を避けて依頼した方が良いです。イベントなどの他にも、急な依頼だと特急料金が発生する場合もあります。パック料金が割高に見えても送付代行などのサービスが盛り込まれている場合もあるので、印刷の詳細を確認すべきです。

DMの印刷を依頼するとどの位の料金になるのか

DMを印刷すると業者ごとの違いはありますが、ここではその一例を述べます。通常のはがきサイズだと、最少の注文数が百枚単位からのスタートです。オーソドックスな両面カラーに宛名印字と、郵便代までをセットとした料金が八千円弱でした。一枚あたりの単価は郵便代が大きく占めるので、郵便代を除けば百枚カラーと宛名印刷で二千円になります。ハガキのサイズがロングタイプの大き目のものになると、郵便代までを含めて百枚で一万強になります。この場合も郵便代が大きな割合を締めますので、それを抜くと三千円前後です。一番安価なのが両面ハガキの良い所ですが、個人情報を内包したり効果的な演出が期待できる圧着タイプのDMだと、一枚あたりの単価が上がります。印刷代と郵便代に合わせて、ハガキの加工代金も発生するからです。こちらは百枚あたり両面カラーと郵便代のセットで一万千円になり、カラーと宛名印字だけでも百枚五千円でした。