DMの印刷業者のおすすめの選び方

一度にたくさんのDMを送りたい場合、印刷業者の選定と配送会社の選定が必要になります。配送会社の選定は、付き合いのある配送会社に特別価格で配送をお願いすることもできます。ただし一定量の取引が必要になりますので、業者と相談が必要になります。DMを印刷する場合は、どんなデザインのものが何部必要で、どういうスタイルで印刷するかにより金額が異なります。例えば、数百件であれば自社でデザインし、印刷して封筒にいれて、アプリなどを使用して宛名ラベルを作成すれば価格を抑えることができますが、その作業の間は他の業務が滞ってしまうでしょう。数万件になると全体的なコストパフォーマンスを考えた場合、業者に任せるのがベターです。専用の器機を持っている業者で最速当日に対応してくれるところもありますのでネットで調べてみてください。

DMを印刷する専門業者に依頼してみる

DMを印刷してくれる業者を探す場合、安くても品質や対応が悪い業者では本末転倒ですので、高品質で丁寧な作業で対応してくれる業者を探したいものです。そして安価であればなおいいでしょう。印刷業者の中には、どういうDMが顧客にいい反応を得ているかなどをリサーチしています。DMに対しての反応はそのDMを見た人からのオファーがあるか否かでわかります。せっかく作ったにもかかわらず、読まれずに捨てられてしまっては元も子もありません。DMタイプによる長所と短所を見極めてアドバイスをくれるような印刷業者に依頼することができれば、のちのちの営業成果にも大きくかかわってきます。まずはネットで、単なる印刷業者であるのか、それともDMに力をいれていて多くの知識を持っている業者であるかどうかを調べて見積もりを取り寄せてみましょう。

印刷業者がDMを得意としていることは大前提

激安でDMを印刷したいのであれば、印刷通販サイトで激安業者を探すのが一番です。業者にはそれぞれの特徴があって、カラー印刷が圧倒的に安かったり、日本全国送料無料だったり、貯まるポイントサービスがあるなど、値段の面で得意とするPRポイントがあります。社内で一貫して自社で作業をしている業者はかなりスピーディで安価で印刷してくれます。最近では24時間オーダーを受け付け、メールで入稿し、さまざまなデータ種類に対応してくれるという多彩な対応をしてくれる業者も少なくありません。もし印刷上で不具合がおこった場合には保証してくれる業者もあります。DMという社をPRする大切なアイテムを印刷するのを任せられる業者が決まれば、長いお付き合いが続くでしょう。時間をかけて業者探しをするのは急がば回れといった感じでしょう。